外国人留学生の日本企業就職

外国人留学生の日本企業就職

海外から来られた留学生が、日本企業に就職を目指す場合は留意すべきことがいくつかあります。ここではその点をご説明しましょう。

優秀な外国人留学生

留学生自身が感じていることと思いますが、日本人学生と比べて外国人留学生は非常に優秀です。まず彼らは日本語と母国語(特に中国語)の少なくとも2か国語を話します(多くの方が英語を含めて3か国語を話せます)。加えて彼らは厳しい競争をくぐり抜けて日本に来ており、極めて勉強熱心です。学習時間が日本人学生と比べて圧倒的に多く、専攻分野の能力が高いのが実態です。

日本企業が求める国際性

当然のことですが、彼らは中国をはじめとした母国の文化に精通してます。日本企業が海外に販路を拡大しようとする際、これらの新しい市場・顧客に関する知識を有しているのは、外国人留学生です。つまり高い能力と国際性を備えているのが外国人留学生なのです。

苦しい外国人留学生の就職事情

しかし外国人留学生の就職事情は決して楽なものではありません。「これほど優秀な留学生がなぜ?」と日本人が思うほど、彼らの就職事情は厳しいのです。ここでは海外留学生が内定・内々定を獲得するためのアドバイスをご紹介します。

・GPA重視をやめよう

日本社会は海外(例えば中国)ほど、学歴が重視される社会ではありません。学生の専門知識に対する企業の期待値は比較的低く、このため新卒学生が社会に出てから鍛えよう、と考える企業が多いのです。しかし海外留学生は厳しい学歴社会に揉まれてきたものですから、GPAを上げるために懸命に努力します。その結果、高いGPAを獲得しても就職の際にはあまり重視されない、という結果になってしまうのです。

・日本人学生の友達を積極的に作ろう

日本の就職戦線はWEBテストやエントリーシート提出に始まり、インターン、人事面接、役員面接という段取りを経て行われます。これらのプロセスは業界・企業によって大きく異なり、特にコロナ禍のような社会変化があると、前例と異なるスケジュールで行われます。このような諸事情に詳しいのは、言うまでもなく日本人学生です。就職活動が始まる前から日本人の友達を積極的に作り、情報を共有するようにしましょう。

・WEBテストの日本語対策

ほとんどの企業がWEBテストにより就職希望者をスクリーニングにかけているのは周知のとおりです。数学は外国人留学生にとって問題ないでしょうが、日本語はハードルが高く、対策が不可欠です。実際、テストによっては複雑な悪文が多く、外国人留学生には難解ではないでしょうか。周知のとおりWEBテストには独特の対策があります。迷わず対策を講じましょう。

これらの対策を重視すれば、優秀な外国人留学生はもっと活躍の場を広げることができるはずです。全体に男女を問わず、おとなしい方が多いように感じます。臆することなく自分自身の能力を積極的にアピールしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。